”らくだキャンプ”へようこそ

深夜にふと誰かに語りたくなったことを書いていくブログ

静岡で車に鍵キズ(イタズラキズ)をつけられた!お金がないので、仕方なく自分でタッチペンを買ってきて修理をすることにした話2

前置きが長くなったけど、車を修理するよって話。

 

自分で修理をするのが初めてだったので、まずはどうやるのかを調べることにした。

下の動画がマジで役に立つので視て欲しい。


ソフト99 ボディの深く細長い引っかきキズ補修 【SOFT99 TV】

 

これを参考にして、家の近くのイエローハットに行く。

必要なもの

コンパウンド細目
コンパウンド専用スポンジ
サンドペーパー600番
シリコンオフ300
マスキングテープ
タッチアップペン
サンドペーパー1000番
研磨パッド
合計で、3700円ほど。ただ、イエローハットとLINE友達になると500円引きになったので、3200円だった。11万円に比べると安いけど。

どうやってやるの?

1.コンパウンド細目を専用スポンジでキズを磨いていく。これでキズが小さくなることもある。ボクの場合は、小さくならなかったけど。
 
2.サンドペーパー600番を折り曲げて、キズ口を磨いていく。これで傷口の汚れやバリを落とすらしい。磨いていると傷口が広がっていき不安になる。
 
3.シリコンオフ300で脱脂。油を落とすらしい。
 
4.マスキングテープをキズの上下に張って、タッチペンがはみ出してもいいようにする。キズが微妙に曲がっているから、張りにくい。
 
5.タッチアップペンを振って混ぜてから、ドットを打つ要領で、塗料を塗り重ねていく
乾いては塗り重ねるを繰り返して、塗料でキズ部分を盛り上げていく。キズって凹んでいるから、重ね塗り。臭い。
 
6.マスキングテープをキズを平行にはがす。
 
1週間ほど寝かせる←今はここ
 
7.キズの上下にマスキングテープを2枚重ね張り。
 
8.サンドペーパー1000番と研磨パッドで盛り上がった塗料を、キズと平行に研磨していく。削り具合を細目に確認し、サンドペーパーの削りカスを取りながら実施。
 
9.マスキングテープを1枚はがし、更に磨く。
 
10.コンパウンド細目をスポンジに小指の先くらいの量を取って、磨く。コンパウンド極細で更に磨く。
 
いちよう、これで完成らしい。どこまで綺麗になるかは、来週のお楽しみ笑
 
11万円 VS 3200円なので、期待値は高くないけど。。。