”らくだキャンプ”へようこそ

深夜にふと誰かに語りたくなったことを書いていくブログ

【30代からの転職活動:自分のキャリアは自分で決める3】年功序列と終身雇用は仕事が出来ない勘違い君を最後の最後まで働かせるシステムだった?!

「年功序列と終身雇用は会社員にとって、とても有難い制度。何があっても食いっぱぐれることがない。」

 

完全にそう思っていた。だから、リスクヘッジの意味もあって、新卒でいわゆる大企業に入ったんだ。でも、これは間違いだったかも、と思う。

people conquer high mountain

昔の安定システム(勝ちパターン)と崩壊

しっかりと勉強をして、偏差値の高い大学に入り、人気の日系大企業に入り、そこで社長を目指して馬車馬のように働くこと。

日本の安定システムは、40歳くらいになるまでは、社員の能力によって個々人で給与や昇進に大きな差をつけない。同期であれば、ほぼ同じくらいのタイミング(1~3年くらいの差はあるだろうけど)で昇進をして、同じくらいの給与をもらえる。

 

この人事制度による会社側の利点は、社員が勘違いを起こすこと。

 

多くの社員に、最後の最後の最後まで、夢を見させて一生懸命に働かせることが出来る。30代では、「もしかしたら自分は社長や役員にはなれるかもしれない!」、40代でも、「自分は部長くらいはなれるかもしれない」。同期と横並びで昇進をしていくので、自分にもまだチャンスがあるという錯覚をして、チャンスもないのに働きアリのように一生懸命に働かせる。ひぃ~。

 

この制度のおかげで、仕事が出来ない人の給料と社会的地位が水増しされ、働き甲斐を感じることが出来た。そして、そのしわ寄せは、仕事が出来る人の給料を下げることで成立している。

 

しかし、このシステムの完全崩壊の日は近い。家電メーカーが凋落し、メガバンクでも大量解雇がはじまった。AIやロボットの登場で仕事がどんどん無くなっていく。政府も働き方改革という号令の下、裁量労働制や能力給を正当化して、終身雇用制度の終焉の鐘の音が聞こえてきそう。南無南無。

 

これからの安定システム

安定という言葉そのものがナンセンスかもしれないけど、どこに行っても通用する力を身につけることが唯一の安定を得る方法。

 

一番いいのは、儲かる仕事を作りだす力。それは、企画と商品開発と営業のアイデア出しと意思決定をする力。

 

一方で、ダメなのは、誰かが作り出した仕事を処理する力。付加価値がミスなく処理した量という仕事は機械にやってもらった方がミスなく大量に裁くことが出来るので、給料は上がらない。大企業を離れると給料がガタ落ちする典型パターン。

 

それでは、どう生きるのがいいのか?

最も合理的な方法は大企業で、儲かる仕事を作り出す系の仕事をやること。大企業の利点はそれなりの給料をそれなりの労働時間でもらえること。それに、合コンで女の子ウケもいいしね。しかし、実態はそんなに甘くない。20~30代でそう言った仕事につけるチャンスは与えられないことが多い。

 

大企業は40~60代の中間管理職が大量に残っており、会社は彼等に仕事とポジションを与えないといけない。そうなると、20~30代は「作り出す仕事」ではなく「処理する仕事」が多くなってしまう。そして、狭い範囲の大量処理をコアスキルとする職人になり、40代を迎えてしまう。

 

こうなるともうダメ。完全に詰んでいる。家電メーカーやメガバンクでは、たいした仕事をしてこなかった人でも結構いい給料をもらえているが、40代~になって会社がダメになっても、同じ給料で転職することなんて到底困難。外では通用しないので、会社にしがみつくしかない。子供の教育費や家のローンなんかもあるし。もう人のことなんて構っている余裕なんてない。自分と家族を守んないと!

 

そうならないように、正しい努力を継続して、自分の身は自分で守らないといけない。機械に奪われない高付加価値の仕事をする経験を得ること。そして、そこで結果を出していく。その為には、語学など様々な資格が必要になってくるかもしれない。そう、大企業でいい仕事や経験をさせてもらえないのなら、早急に動かないとダメ。ヤバいぜよ。

 

更に、これから30年先は、日本そのものがダメになっているかもしれない。日本に拘らない生き方が必要になってくるかも。もし子供がいるのであれば、アンテナを高くして、意識高い系の人がどんな教育を子供にしているのかを勉強しないといけない。

 

ボクはそう思う。でも、もっと早く気付いておくべきだった。

 

www.rakuda-camp.com