”らくだキャンプ”へようこそ

深夜にふと誰かに語りたくなったことを書いていくブログ

「大人になれ!」なんて言う奴は大嫌いだ

会社の上司が言う。

 

「お前はもっと大人にならないとダメだ」

 

部長への報告会の後に、課長から呼び出されて言われる。

 

「みんな言いたいことがあっても我慢しているんだ。いつまでも新入社員みたいに空気を読まない発言をするな。頼むからもう少し考えて発言をしてくれ。」

 

課長は、めんどくさそうに言う。「たのむから」を強調して言ってくる。

 

課長以外にも係長も後輩もいる。

 

全員の視線が冷たい。

 

メンドクサイ奴。そんなレッテルが張られている。

 

ボクは入社当時から斜に構えた姿勢で有名な社員だった。

 

正しいと思ったことはズバズバ言っていた。それを評価してくれる人もいた。でも、今の職場は違う。

 

「わきまえろよ」

 

何処からともなく聞こえてくる批判。

 

 

 

ボクの会社は、古くから続く製造業の会社で、上司の言うことは常に正しい、忖度(そんたく)が大切にされる。

 

上司に分かってもらえなければ、部下が100%悪い。

 

言い方を変えると、上司の価値観に合わないことは絶対にやってはいけない。

 

 

 

ボクはどこで間違えたのだろうか。

 

なんて生きにくい会社に入ってしまったんだろう?自問自答する。

 

上司によるマイクロマネジメントや、上司の顔色を伺って1を聞いて10を推測することが求められる。

 

ボクは大きな選択の場に立たされている気がする。

 

中途半端が一番いけない。

 

内にこもる決意をして朱に交わるか、外に飛び出すか。

 

中途半端が一番いけない。

 

朱に交わるなら、徹底的に上司に媚びへつらう覚悟がいる。

 

飲み会には全て参加、ゴルフもスクールに通って練習する、上司の肩をもむ、上司を褒める・・・。気が遠くなるが、これがボクが選んだ職場の実態だ。

 

さぁ、どう生きようか?


リクナビNEXT 「子どもに夢を託すな。」 フル