”らくだキャンプ”へようこそ

深夜にふと誰かに語りたくなったことを書いていくブログ

20歳の時に作成した「死ぬまでにしたい100のこと」を30歳になった今振り返ってみたら、新しい発見があって人生を改めて考えてみるようになった

死ぬまでにしたいことリスト。

f:id:Takarabe-san:20180310093859p:plain

否定的な人もいると思うけど、ボクはこれを考えるのが昔から好きだった。

 

なぜなら、とっても分かり易いから。これをやるんだ!って思うと行動がシンプルになる。

 

100のことを書いてから、それに合わせたいつやるのかという計画を立てていく。

 

その後は、それを人生の方位磁針として、毎日見ながら方向を確認しながら航海を続ける。

 

 

ボクが初めて100のことを作ったのが大学に入った時。浪人をして大学に入ったので、大きな期待に胸を膨らませながら作成をした。

 

その当時は、自分の人生がどうなるのか?どんな会社に入るのか?どんな人と結婚をするのか?可能性が無限にあった。

 

何でも出来る気がしていた。

  

20歳の時の100のこと

100も書くと長すぎるので、5つくらいに分類をする。 

1.仕事(職業、副業、投資、スキルアップ)

本業で年収1000万円以上を稼ぐ

副業で年収100万円以上を稼ぐ

投資で資産を年間5%で運用する

スキルとして、経営学、語学(英語(ビジネスレベル)、スペイン語(日常会話)、中国語(ビジネスレベル))、会計、コンピューターをマスター

 

 

2.人(友人、恋人/家族)

利害無しで付合える親友を作って大切にする

本当に好きな人を見つけて恋愛する

父親と仲直りをして、本気で人生について語れるようになる

ダイバーシティな交友関係を築く(年齢、性別、国籍、収入など)

 

 

3.生活(家、食事、服装)

海外に2年以上住む

人に食べさせることが出来る料理が出来るようになる

高級なスーツで仕事をする

自分なりにこだわりをもったお洒落をする

 

 

4.健康(体力、精神力)

体脂肪率10%以下を維持する

毎年マラソンを走る

護身術を身につける

日記を毎日つける

 

 

5.趣味(旅行、アクティビティ、スポーツ、文化)

世界の絶景をバックパッカースタイルでまわる

山に登り続ける

スキューバダイビングをする

楽器を1つ演奏できるようになる

サッカーやボードスポーツを続ける

 

 

30歳で振り返ってどう思う?

正直な感想として、自分が目指していたものを再認識した。

 

中には出来ているものもあれば、完全に忘れてしまって出来ていないものもある。

 

アメリカ駐在をしたり、バックパッカースタイルで旅行もした。スープカレーも作れるようになった。

 

でも、起業に向けて何も活動を出来ていないギターも上手くなっていない、体脂肪も計測していない。

 

毎日の仕事や生活に流されて見失っていたものがあることに気付く。そうだったボクはこういった人生が送りたかったんだ。

 

その為に生きているんだ。今からでも修正は可能だと信じて行動を開始しないと。20歳の時の自分のやりたいことリストを見て、ぼやけていた視界が少し晴れた気がした。