”らくだキャンプ”へようこそ

深夜にふと誰かに語りたくなったことを書いていくブログ

【社会人から始めるサッカー3】目指す選手を見つけよう。そして、その選手をウォッチし続けよう!


【最高のSB】ダニエウ・アウベス スー 近代のRSB super play fantasista


【マルセロ】異次元過ぎるDF!超絶スーパープレイ集 2015/2016

まず最初に上の動画を視て欲しい。ボクが目指している右SBは彼らだ。彼等はSBだが、とても目立つプレイヤー。そんな選手になりたい。

 

彼等は、SBでプレイをしているけど、実際の能力としては、SBだけでなく、いろいろなポジションが出来る万能型。現代サッカーがSBに求める能力は、守備だけではない。

 

このレベルのプレイヤーを目指していく。

 

優先順位は?

でも、まず大切なのは試合に出続けること。その為に、チームから求められていることから順番にこなしていく。

普通は、SBに求めるのは守備。特に右SBは相手のエース級の選手との1対1に勝たないといけないので、とにかく走って守ること。スピードがある相手のフォワードに走り負けないことが何よりも大切。

 

その次に、攻撃参加が求められる。相手が強い場合は特にそうなのだが、ずっと後ろにいては、攻撃のリズムが作れない。上の動画の彼等のように攻撃参加をする。そして、チャンスを演出すること。

 

得点は取らなくてもいいので、とくにかくいい形で前にボールをつなぐこと。

 

そこまで出来れば、次はシュートを狙ってもいいだろう。マルセロみたいにゴール前まで切り込んでいくことが出来るかもしれない。

 

その為の練習方法は?

1.守備力の強化

まずは体力。40分x2を走れるだけの体力。ダラダラと走るのではなくて、ダッシュを繰り返せる力。一番いいのは、ダッシュして流して、ダッシュして流してを繰り返すこと。

次は1対1。これは研究をした方がいい。下の動画の酒井がいい手本。彼の動きを真似るように努力すること。最後まで粘る、安易に取りにいかない。


【酒井宏樹vsネイマール】必見!世界最高とのマッチアップ!世界との差を感じる!?PSG戦で得た称賛と手応え Hiroki Sakai

 

2.ドリブルやボールタッチ

ボールをもった時の動き。これをマスターしないとボールをもっても、起点になれない。まずは地味だが、細かいドリブルの練習をして、簡単にボールを奪われないようにすることが一番の近道。ボールをもっても焦らないようになれる。

 

3.シュート

なかなか練習をするのが難しいけど、シュート練習はしておこう。とにかくシュートを打ちまくること。特にドリブルシュート。SBの場合は、近距離でのシュートチャンスはないので、ロングからのシュート。

 

以上。

 

www.rakuda-camp.com