”らくだキャンプ”へようこそ

深夜にふと誰かに語りたくなったことを書いていくブログ

【日本株】らくだの株式投資の歴史。ライフワークとしての株式運用。

帰国して、1ヵ月が経過したので、株を開始することに。

 

そこで今までの投資歴を振り返ってみようと思う。

beverage, black coffee, business

らくだの株式投資の歴史

株式投資を始めたのは大学時代。お小遣いを稼ぎたい!という思いで、株式投資を始めた。

 

当時は、原資となるお金もほとんどなかったので、テレアポバイトでコツコツ貯めたお金でやってた。なので当然ながら投機株をメインとして、カジノ感覚でやっていた。

※投機株とは、株単価が安くて、すぐに1.5倍とか2倍になるもの

 

他の大学生と違って、そんなに飲み会も行ってなかったし。多くの金を投資に回していた。株主優待とか、配当とかほとんど考えず、デイトレーダー。

 

社会人になって、更に投資に回すようになった。毎月5万円くらいを毎月株式口座に突っ込んでいた。

 

でも、さすがにデイトレーダーをやる時間もなくなったので、数か月での値上がりと配当を狙う投資方法に変わった。

 

この時に、初めての塩漬けを体験。DeNAの株をもっていたんだけど、ある日突然がくーん下がってしまって、そこで動かなくなった。そのままニッチもサッチもいかなくなって、株の買い増しを続けて購入単価を下げていく。

 

幸運なことに最終的には損にはならずに売り切ることが出来たけど、結構びびった。

 

アメリカに行ってからは、米国ですぐに口座を作って、アメリカ株の運用を。アメリカには、株主優待はないので、配当と売却益を狙う。あまり会社を知らないので、有名なP&Gとかコカ・コーラとかを持っていた。

 

そして、日本に帰国。

 

らくだの投資方法

利用している証券会社

楽天証券・ライブスター証券

手数料と使い易さからこの2社を選んだ。楽天証券はずっと使っているけど、かなりいいと思う。使い分けとしては、NISAはライブスター証券、通常の株式は楽天証券。

 

投資の資金の考え方

収入の2割は投資に回すようにしている。無駄遣いをする前に先にお金を株式口座に入れちゃう。

 

株の選び方

いろいろな選び方があるけど、長期保有で勝負するなら下の記事の方法が役にたつ。

でも、それだけだとつまらないので、資金の半分は株主優待や配当狙いの株。残りの半分がPBRが0.5以下(PBR=株価÷1株当たりの純資産)のもの。

輸出株とか輸入株、景気敏感株とかいろいろと考え方があるけど、難しく考えてもそのとおりにいかないので、シンプルにやっています。

 

新興株投資で70万円を2億9000万円にした32歳サラリーマンの3つの投資法とは?|個人投資家の「株で勝つ!」投資手法を徹底解剖!|ザイ・オンライン