”らくだキャンプ”へようこそ

深夜にふと誰かに語りたくなったことを書いていくブログ

言いたい事が言えない「弱い自分」が嫌いになる

もう、そんなに若くはない。30年近く、自分と付き合ってきたのだから、自分のことは自分でよく分かっている。それでにも関わらず、自分のことが嫌いになる時がある。

 

「こうありたい自分」と「そのときの自分の行動」がかけ離れているときだ。

 

言いたいことがあるのに、言ったことにより発生するかもしれないリスクが怖くて、結局、何も言えず、苦笑いをしながら、黙ってやり過ごそうとする、そんな自分が大嫌いだ。一番嫌いな処施術だ。

 

自分の思い描いている「こうありたい自分」から一番遠い姿だと思う。

 

昨日は威圧的な人を前にして、ビビッてしまって、黙ってやり過ごした自分がいた。このまま歳を重ねていくのか?それでいいのか自分?

 

自分にとっての「こうありたい自分」とは何か?

 

ボクの大好きな漫画で、最強伝説 黒沢がある。その中で最も好きなシーンは、確か11巻くらいのセリフ。

損得だけで生きてなんになる…? 
ましてや安楽……あるいは安全…… 
そんなものだけを追って… 
生きて……何になる……? 
そんなことはミジンコ……ゴキブリだってやっている………! 
違うっ……!違うっ違うっ……!そうじゃないっ…! 
オレ達人間は……人間ってのは… 
それ以上の………何かだろう…! 
それ以上の何か……つまり… 
人間を……人間足らしめている………… 
心…!感情がある…! 
それは… 
たぶん… 
少しでいいから…一歩でいいから… 
ましな人間になろう……という 
気持ちだろう………! 
オレが…オレのヒーローであろう……………という気持ちだろう……! 
つまり…矜持だろう……! 
もし…もしそれを……本当にすべて…失ってしまったら… 
それこそが…本当の意味での…敗者だろう………!

 

大学時代に読んだ時に涙が出た。オレが、オレのヒーローであろうという気持ち。この言葉が今更ながら胸に突き刺さる。

 

別にみんなのヒーローである必要なんかない。自分が自分を好きでいられるように。

 

ただそれだけ。

 

闘わなきゃ…………
この世に生まれてきたら…………
とてもかなわぬ…
かなわなかろう…と思っても…
闘うんだ……!
尊厳のため……!
胸を張って生きるために………! 

 

自分の尊厳を守るため、自分が自分のヒーローであるために、戦わないといけない。

 

そんなことは分かっているのに、昨日はビビッてしまった。

 

もう一つ、好きなセリフがある。それは、リーガルハイ9話。

誰にも責任を取らせず、見たくないものを見ず、みんな仲良しで暮らしていけば楽でしょう。 
しかしもし、誇りある生き方を取り戻したいのなら、見たくない現実を見なければならない! 
深い傷を負う覚悟で前に進まなければならない!戦うということはそういうことだ! 
愚痴なら墓場で言えばいい!

深い傷を負う覚悟で前に進まなければならない、このセリフが好きだ。

 

自分が正しいと思うこと、やった方がいいと思うこと、自分の直観に従って強大な敵と戦う。相手が大きいので勝つことは難しいかもしれないが、一矢報いること。

 

自分が思う「こうありたい自分」はそんな姿だ。戦っている姿だ。苦笑いをしている姿ではない。

 

そんなふうに生きれれば、自分が自分のヒーローでいることが出来るだろう。

 

ちっぽけな自分は、人生の中で大金を掴むことも、高い社会的地位を掴むことも出来ないだろう。でも、せめて、誇りある生き方をして、その生き様を自分の誇りにしたい。 

www.rakuda-camp.com

 

 

沈黙は金、そんな言葉に踊らされて、黙ってやり過ごす自分が大嫌いだ。

 

もう二度と、こんな思いをしたくない。