”らくだキャンプ”へようこそ

深夜にふと誰かに語りたくなったことを書いていくブログ

【スペイン語検定】スペイン語検定の資格はどれくらい使えるの?実際に資格を取ってから変わったこと

 

前の記事でも書いたとおり、スペイン語検定5級を取得してから変わったことについて書いてみる。

 

www.rakuda-camp.com

 

f:id:Takarabe-san:20171102192006j:plain

社内での評価は?

ボクが取得した5級というのは、あまり胸を張って自慢出来るものじゃない。

公式HPによる定義は下のとおり。

 

6級(入門):基礎的な短い文章の読み書きができ、直説法現在終了
5級(初級):平易な文章の読み書きができ初級文法(直説法)終了
4級(中級):簡単な日常会話ができ、文法を一通り終了
3級(上級):新聞などが理解でき、一般ガイドに不自由しない
2級(最上級):ラジオ、テレビが理解でき、一般通訳ができる
1級(プロ級):会議通訳、文学翻訳、専門ガイドができる

http://www.casa-esp.com/link-examen.html

 

そう、初級です。日常会話出来ません。

 

ボクはメキシコ人とサッカーやっているんで、実は少し喋れます。中南米にも旅行に行っているので、ほんの少しは喋れます。でも、正しい動詞の活用は自信ありません。。。

www.rakuda-camp.com

 

社内での評価は、大学で少しかじったくらい、というイメージ。資格そのものは評価されていないです。

 

ただ、評価は上がったし、アピールにはなりました。そもそも、スペイン語検定なるものを取得している人が少ないので、社内ではモチベーションが高いやつみたいなイメージをもってもらっています。

 

これだけで、資格試験4000円以上の価値が実はありました。

 

スペイン語圏のチャンスはボクのところに転がり込んできやすいです。

 

転職に対してメリットあるの?

残念ながら、転職に対してはメリットないと思います。5級ではなくて、1級とかならアピールになるそうですが、5級って、大学の第二外国語とレベル変わらないですしね。

 

ボクの場合は、転職サイトにも登録をしているんですけど、スペイン語検定5級を取得後も変化はありませんでした。。。

 

なので、スペイン語で仕事をゲットしようと思うなら、やはり最上位レベル、TOEICでいうと860点以上のレベルをスペイン語で取る必要があると思います。

 

でも、そこまでの時間をかけるだけのメリットがあるとは思わないので、メインのスキルを支える1つの小さな柱としてなら、メリットあると思います。

 

例えば、「社会人になっても、モチベーションを高く持って、勉強をしている」アピールの具体例として使うとか、「グローバルに働きたい」アピールの具体例として使うなど。

 

転職時に具体的に努力している根拠なしで、グローバルに働きたいとか言っても説得力ないですので、こういった資格を持っていると、「こいつは口だけではなく、行動もしているんだな」と思ってもらえます。

 

まとめ

スペイン語検定5級でも、ボクの場合はメリットありました。自己満足だけじゃなかったです。

 

社内でのイメージが大きくアップし、モチベーションが高く勉強を続けていると認識されました。次のチャンスも頂けそうです。

 

転職に関しては、「スペイン語が出来ます」ではなく「グローバルに働きたいという夢に対して具体的に努力をしています。例えば、、、」みたいな感じで使えます。

 

以上から、スペイン語検定をやってみてもいいんじゃないでしょうか?

 

www.rakuda-camp.com

www.rakuda-camp.com