”らくだキャンプ”へようこそ

深夜にふと誰かに語りたくなったことを書いていくブログ

【愛知県出張】トヨタ産業記念博物館に行ったら、かなり良かった話

トヨタ自動車といえば、日本を代表する大企業で、身近な製品を作っているので、誰でも知っている。今日は、そんなトヨタ自動車の博物館に行って来たので、その話。

 

1.基本情報

アクセス

名古屋市営地下鉄 東山線 亀島駅(名古屋駅のとなり)から徒歩15分くらい

※亀島駅でおりて、駅員さんに聞けばすぐに分かる

入場料

500円

展示物

機織り機(布をおる機械)の歴史

※多くの実演や細かな説明がある

トヨタ自動車の歩みと各部品の進化の歴史

※トヨタは自動車事業を始める前は、ハタ織り機を作っていた

 

それぞれ、各技術の説明が分かり易く、かつ細かく書かれているので、大人向き。逆に子供には難しいと思う。

2.記憶に残ったこと

トヨタ生産方式の自働化がどのようにして生まれたのか?

原価低減を目指している中で、一人の作業者が複数の機械を受け持つ事が出来るようにした。①横糸の入替の自動化、②縦糸が切れた時に自動で止まる、③縦糸の張力を一定に保つ装置。

 

参考になる格言

議論を先にするのを辞めた。

やらない理由を探すのは簡単だが、可能性があるのなら、とにかくやってみること。出来るものだという前提にたって、最初はモノを作れ、形を作れ、理屈は後で考えろ。

 

常に進んだものを用いて、進んだものを発明しよう。

 

現場に走って、改善策を工長と打合せをする。とにかくアクションが早い。

 

 

責任者は自分で率先して仕事をしなさい。係の人が書いた設計図を見るような責任者は意味がない。