”らくだキャンプ”へようこそ

深夜にふと語りたくなったことを書いていくブログ

4つの「ジンザイ:人財、人材、人在、人罪」なんてクソくらえだ!

入社研修の際に、「皆さんは会社にとっては宝、つまり【人財】なのです。」人事部の人がホワイトボードを使いながら、まるで俳優のように言っていた。それを斜に構えながら見ていた僕がいた。

それと同じ言葉を今になって上司から聞くとは思いもしなかった。先日、仕事でミスをしてしまい、そのことでネチネチと説教をくらった。その中で、人事部の人が研修で言っていたのと同じことを言われた。

人事部は僕のことを「人財」と呼んだ。一方で僕の上司は、「人罪」と呼んだ。同じ「ジンザイ」でも両者は大きくことなる。片方が、財産であり、もう一方は、罪なのだ。僕はいつの間にか、財産→お荷物→罪人となったようだ。

 

4つのジンザイについて

人財: 給料以上に仕事をして成果を出す人

人材: 給料並の仕事をする人

人在: そこにいるだけで、給料以下の仕事しか出来ない人

人罪: いるだけで邪魔になる、いない方がよい人

 

上司から人罪と言われた僕はどうすればいいのだろうか?モチベーションもガタ落ちだし、次の査定も心配だ。

人事の世界で、2:6:2の法則みたいなことが言われる。会社の収益は2割の社員が稼いでおり、6割は現状維持に貢献、2割はお荷物社員。どんな優秀な会社でも自然とそうなっていくようだ。きっと、モチベーションが関係しているのだと思う。

多くの人は、周りから期待されて大切にしてもらえれば、恩を感じて給料以上に働くと思う。でも、周りから不要扱いをされてしまうと、やる気はなくなり、与えられたことだけをするようになる。

 

僕は上司に言いたい。

人のモチベーションを下げるな!と。人罪に人罪と言ってはいけない。上司の自己満足で人を見下して、相手を蔑む言葉をかけたところで、僕はやる気なんか出さない。というか、最低限の仕事もやりたくなくなる。だって、既に評価は最低ですもの。

 

会社の中を見渡せば、仕事が出来ないという烙印を押されたおっさんがいると思う。でも、そんなおっさんは2タイプいて、最初からダメだった人と途中でダメになった人。多くのおっさんは後者じゃないかなと思う。どこかで上司に人罪扱いを受けて、頑張るのが馬鹿らしくなったのだと思う。

 

4つのジンザイ。これは人を分類するフレームワークみたいなものだが、こんな分類クソくらえだ。人を人罪扱いするな!と言いたい。