”らくだキャンプ”へようこそ

深夜にふと誰かに語りたくなったことを書いていくブログ

サラリーマンの成功は年収アップにあり。年収が低くていいはずなんてない!全力をあげて年収を上げにいくんだ!

僕は大学を卒業した後、みんなと同じように就職活動をやって、内定をもらった会社に入社。

 

特にこれといったやりたいこともなかったので、就活した会社は何となく面白そうなところをいくつか受けただけ。内定をもらった会社の中で、最も待遇が良さそうな会社を選んだ。

 

いつの間にか、今の会社でそれなりの仕事が出来るようになり、それなりのやりがいが楽しさを見出すことが出来るようになった。

 

でも、最近思うんだ、「ああ、何か新しいことにチャレンジをしたい。そして、給料を上げたい。最終的には、早期リタイヤをして世界一周クルーズ船の旅にでもいきたいなぁ。」

 

1.まずは今の仕事で結果を出すこと

いかに上司に認められて、注目を浴びる仕事にアサインされて、給料を上げていくかというもの。

f:id:Takarabe-san:20170507205251j:plain

いくらカッコいいことを言ったところで(上司に反抗してでも自分を通すなど)、すべての権力を上司に握られている。

 

反抗したい気持ちは日記につけておき、自分が偉くなってから会社を変えた方がいいよね。また、どの上司を味方につけるのかも大切で、どうせならより権力を持った人を味方につけることが大事。

 

そのキーマンとのコミュニケーション(仕事の相談であったり、プライベートの相談など。)を増やすことで、少なくとも、自分を認識してもらえる。そして、さりげなく自分がやりたい仕事(社内でも目立つようなプロジェクト、海外赴任など)を伝えておこう。

 

何度も言っておけば、チャンスが回ってくる可能性も高くなる。目立つ仕事だと、その後の昇進も有利になる。

 

正義感で仕事をしても、マスターベーションなだけで、結局何も変えられないし、自分も損をすることが多い。僕はそんな人をたくさん見てきた。そうならないようにしよー。

 

 

2.今の仕事で成果が出てきたら、株を真剣に始める

ブログでの収入を狙うよりも、投資による収入を目指すべきだね。

 

ボクがやっているのは株。

f:id:Takarabe-san:20170507205202j:plain

値動きが少ない1部上場企業の株を狙って、5-10%の運用益を目指そう。業種は偏らせずに、金融、メーカー(輸出関係)、小売り(輸入関係)に分散させて、どれかがダメでも、どれかが儲かっている状況を作ること。

 

一番大切なのは、余剰資金で運用をすること。赤字の時に、損切りをしなくて済むようにしたいね。損切りばっかりすることになるから。株が儲かるまで、ゆっくり待てる資金を元手にやること。また、株に対する自分のスタンスをしっかりと確立させること。

 

不動産やFXもありだが、ハイリスク・ハイリターン。余剰資金を株で増やすことに成功した後でやればいいんじゃないかな。

 

3.結果を出して、株の運用が落ち着いてきたら、転職を視野に入れて勉強や転職活動をすること

無理にする必要なんてないけど、活動をすることで自分の転職市場での価値が分かるので、やった方がいいとは思うよ。

f:id:Takarabe-san:20170507205331j:plain

転職サイトに登録をすると分かると思うけど、年収アップに繋がる転職ってそんなに簡単じゃない。そして、年収をアップしようと思うと、何が自分に足りていないのかが見えてくる。

 

転職の面接で聞かれる内容が、今の仕事に対するとてもよいフィードバックになるから。それに、今の仕事を部外者に説明して、成果を理解してもらえる訓練は非常に役に立つ。

 

ただし、基本的に世の中のサラリーマン全員、給料が上がる転職がしたいと思っているし、採用枠が1名とかだから、就職活動の時と異なり簡単じゃない。

 

転職エージェントは声をかけてくれるけど、エントリーシートを出して、面接が通るまでとなると難易度が高い。なので、本気でやらないと面接すらいけないこともある。

 

でも、今の会社で昇進の順番待ち状態になったなら、転職をするべきだと思う。

 

 

 

4.まとめ

年収を上げていくにはステップがあると思う。

 

まずは今の仕事で成果を出すこと。そこに集中をした方がいいよ。

 

仕事での成功なくして、転職の成功は難しいし、仕事が上手くいってないと、副業をしたり、資格の勉強をする時間も作りにくい。

 

もちろん、一度ゼロからスタートしたい場合は、辞めるのも手だと思うけど、あまりお勧め出来ない。僕の友達でそうやって失敗した人がたくさんいるので。

 

仕事の肝は、上司と上手く付き合うこと。これに尽きると思うよ。マジメにやればいいものではない。上司を信頼し、信頼してもらえるように仕向けること。