”らくだキャンプ”へようこそ

深夜にふと語りたくなったことを書いていくブログ

アメリカの美容院事情について

海外に住んで困ることの1つに散髪があげられる。手頃な美容院がないので、自分で切っている人も多い。でも、どうしても限界がある。というか、上手くいかない。こちらにも美容院があるが、なかなか思い通りの美容院が見つけられないというのが、実情である。最初は、会社の同僚などに聞いてみて、美容院を探したところ、下記のものを紹介された。スポーツクリップ(Sports Clips)という、男性専用の美容院。カットしてくれるのは、若いバイトのお姉さん。その点は楽しいが、実際のスキルは高くない。というか、アジア人向けではない。最終的には、個人で経営をしている美容院にいきついた。個人経営の店の方が融通が利くし、こちらの要望にも応えようとしてくれる。

sportclips.com

そして、もう一つ、どんな髪型にしたいのか、である。日本の時と同じような髪型をこちらで求めるのも無理がある。その為、こちらの髪型で自分がやってみたいものを探すことにした。そうしたところ、下のような写真のイメージにいきついた。こちらではアンダーカット(Undercut)という。この写真を握りしめて美容院に行った。

f:id:Takarabe-san:20170417044808j:plain

 

そして、日本人なので、髪をすいてほしい。これは、thin it outと言うようだ。いちよう伝わった。ただスキバサミを使うのではなく、ハサミを縦に入れてすいてくれた。結果的に、自分なりにかなり満足がいく髪型にしてもらうことが出来た。これからもあの店に通うことになりそうだ。値段もチップ混みで25ドルくらいだし、頻繁に行っても悪くない。