”らくだキャンプ”へようこそ

深夜にふと誰かに語りたくなったことを書いていくブログ

【アメリカ】シカゴの4大博物館をシティパスとCTAカードを使って自力で周ったよ。危険という前評判は当たっていたかも。

今年も残すところ、後わずかではありますが、有給が余っているので、躊躇なく頂きました(実際のところ、顔面は申し訳なさそうにしてましたけど)。上司は嫌な顔をしましたが、これは当然の権利ですし、僕は労働組合員ですから!組合費を毎月払ってるしね。僕の会社の場合は、有給を取得しないと無くなるだけですすね。多くの会社がそうだと思うけど。
さて、今回はシカゴに行ってきました。前回のクルーズから2週間しか経っていないので、あまりお金もないので家から車で行ける場所にしました。(車でいけるって言うても、6時間くらいかかるんやけどね)
ちなみにシカゴは、犯罪都市。ちょー危険という話を聞きます。でも、それは場所次第。南西方面が危険でそれ以外は特に危険ではないと思う。アジア系の人も南東には住んでいるし、チャイナタウンもあるし。南西地区は本当に危ないらしいから気を付けて(行ってないから本当のところは分からないけど、ニュースで殺人が報道されているので)

旅程

基本情報

期間: 2016年11月21-25日 ( 4泊5日)
 
▽滞在先:
※110USD/日(駐車場/朝食込み)、地下鉄オレンジラインの駅まで徒歩10分くらい(ダウンタウンまで電車で25分)、ラテン系の人が多い街だった

主な訪問先:アドラープラネタリウム、シェッド水族館、ウィルスタワー、産業科学博物館、フィールド博物館

f:id:Takarabe-san:20161128043953j:plain

人生2回目のシカゴ

前回は大学の時に来た。当時は英語が全くダメだったので、街を回ったものの、会話らしい会話は出来なかった。地球の歩き方を片手に街やシカゴ美術館を散策したのを覚えている。

しかし、今回は違う。リベンジシカゴだ。街に行く時は、下調べがとても大切。どこにどのように行くのかをある程度は計画をしておかないととても効率が悪くなる。それにこの時期のシカゴ寒いし。事前にやっておいて良かったことを書いておく。

 

①シカゴシティパス

これは、シカゴを代表する5つの博物館がセットになったチケット。僕が行った全ての場所はこれで入れる。料金は、89.2USD。実際にいくら特になったかのは良く分からないけど、各博物館でこのパスがあると入口で並ばなくてもよいので、それだけでもかなり時間短縮になる。

※ホテルドットコム経由で申し込みをすると10%オフになった。

f:id:Takarabe-san:20161128044530j:plain

https://www.ceetiz.jp/chicago/chicago-city-pass-access-to-the-top-5-attractions-in-the-city-queue-jump

購入後、領収書を印刷して、最初の博物館でその紙を見せると、上の写真のパスをくれる。

 

②CTAカード(シカゴ公共交通機関乗り放題パス)

3日分の乗り放題パスを購入。お値段は、25ドル(20ドル+5ドルのカード発行料金←リファウンダブル)。市内の移動は全て地下鉄・バス。日本と同じくらい公共交通機関が発達しているので非常に便利。バス停には電光掲示板があり、あと何分でバスが来るのかも分かる。毎回、切符を購入してもよいが、小銭を持ち歩くのが面倒なのと、特にバスだと焦るので、購入することにした。買うか悩んだが、かなり利用したので、買って良かった。

f:id:Takarabe-san:20161128045620j:plain

各駅の券売機で購入出来る。

Day1

さて、実際の旅行の内容だが、家からシカゴまでのドライブは結構長かった。合計で10時間くらいかかったと思う。また、途中の景色が代り映えしないので、常に眠たくなった。それでも、シカゴに近づいてくると街の雰囲気で心が高鳴る。

さて、10時間のドライブを特に問題なくこなし(北米に住んでいるとドライブに慣れる)目的のホテルに到着。街の雰囲気は、少し怖いかなと思っていたが、問題無かった。ホテル自体はそれほど綺麗じゃないければ、ホテルの人がみんな親切だったので、いろいろと教えてもらった。地下鉄の駅までの行き方(正確には地下鉄ではないけど)や、公共交通機関のマップ、近くの美味しいレストラン情報などなど。

ホテルに着いたのが、夜8時くらいだったので、その日は、得意のパンダエクスプレスで食事をテイクアウトしてホテルの部屋でアメフトを見ながら食べた。

Day2

 朝起きて朝食を食べた後、さっそく最寄りの地下鉄の駅へ向かった。そこで、3日乗り放題パスを購入し、さっそく地下鉄に乗り込む。ホテルの近くに高校があるので、高校生っぽい人が多くいた。改めて周囲を確認したが特に危険は感じなかった。Pulaskiという駅が最寄りで、そこからRooseveltで降りて、146番のバスに乗ると博物館が集中しているエリアに連れて行ってくれる。乗り放題パスがあるので、バスに乗る時もラクラク。

 

1.アドラープラネタリウム

最初の目的地は、アドラープラネタリウム。この博物館では、宇宙旅行の3Dシネマも見ることが出来るし、各惑星がどのようなものなのか、人類の宇宙開発の歴史を見ることが出来る。宇宙兄弟に大いに影響を受けている僕としては、非常に面白かった。特に人類の宇宙開発の歴史。

f:id:Takarabe-san:20161128052240j:plain

博物館は基本的に英語なので、とても疲れる。日本の博物館でも疲れるのに、英語だと更に疲れてしまう。しかし、興味の続く限り隈なく見て回った。

 

2.シェッド水族館

次は水族館。ここは北米で一番大きいらしい。中には、いろいろな地域の魚や貝を見ることが出来る。ここでも3Dシアターがあり、モンスターとかいうものを見た。途中でとても眠たくなったけど、シティパスに3Dがセットになっているので、とりあえず見た。下の写真はアジアの魚だったと思う。アマゾンやら、サンゴ礁やらいろいろと見ることが出来るし、分かり易く説明が書いてあるので(たぶん小学生にもわかる感じ)、勉強にもなった。

f:id:Takarabe-san:20161128053236j:plain

しかし、やはりシンドイ。他にもマナティがいたり、アザラシやイルカもいて、ショーもやっている。昼ご飯は博物館内にあるスタバ。周りを見渡すと、結構ランチを持ち込んでいる人がいた。もちろん何か買って席を利用しているが、持ってきている人が多かった。確かに博物館内の食事は高かったので、持ち込みは合理的な気がする。

 

この日は、博物館を2つ回ると既にクタクタ。4時くらいになったので、ホテルに戻ることにした。本当はフィールド博物館も回りたかったけど、時間的にも体力的にもキツかったので中止にした。この日の反省としては、博物館を巡る時は事前に何を見るかをしっかりと決めておくことが大切だと思った。そうしないと、あれも見ようとかこれも見ようとか思ってしまって、クタクタになってしまった。博物館素人としての学びだった。

この日の夕食は、ホテルの近くのタイ料理レストラン。と言っても、同じくテイクアウトなのだが。ここは評価も高かったので行ってみたのだが、確かにとても美味しい。北米で食べたタイ料理でNo1に輝いた。頼んだのは、グリーンカレー

https://ja-jp.facebook.com/breethairestaurant/

Day3

昨日に引き続き、博物館を巡ることに。ホテルで朝食が食べれるのは、僕にとってはとても大切。朝から朝食を食べる為に出かけるのはめんどくさいからだ。朝食の後に歯を磨いたりしたいし。さて、出発。

 

3.産業科学博物館(the museum of industy and science)

ここは、他の博物館から離れた場所にあるので注意が必要。更に、最寄りの駅の治安が良くないらしい。その為、ここは安全策を取ることに。Garfieldという駅が近いのだが、ここの近くのワシントンパークが良くないらしい。博物館のHPにも、シカゴに不慣れの人にはお勧めしないと書いてあった。

http://www.msichicago.org/visit/getting-here/

そこにはしっかりと代替手段も書いてあったので、それに従って移動することに。ダウンタウンのLibraryという駅で降りて、2か6か10番のバスに乗る。そうすると連れて行ってくれる。同じような感じの観光客もたくさんいた。

そしてついに到着。ここが1番人気の博物館で、ヒヨコがふ化するところや、人体の輪切りなどが見れる。残念ながら僕が行った時は見れなかったけど。卵にはヒビが入っていたけど、そんなに長いこと入れないし。

f:id:Takarabe-san:20161128055500j:plain

それ以外にもUボードの実物もおいてある。3Dの映画はなかったが、Uボートに入るツアーに参加。世界史大好きだったので、これはとても面白かった。実際に戦争で使用されたもので、中にも入ることが出来る。

f:id:Takarabe-san:20161128055918j:plain

それ以外にも人口で竜巻を作る装置(とても大きい)や、胎児の成長のホルマリン漬けなどなど書き出すとキリがないくらいの展示が並んでいる。事前に調べたものの、実際に訪れてみると、あれもこれも面白そうで、当初の計画通りにはいかなかった。

 

博物館に疲れたので、フィールド博物館に行く予定だったが変更して、ウィリスタワーとダウンタウンを回ることにした。シカゴは都会なのでほぼ全てのブランドの店があるし、ユニクロもあるしね。ランチは牛角にしようと思っていたのだが、店に行ってみるとかなり混雑。2時間待ちを言い渡される。シカゴは留学生が多く(特に韓国人と中国人)、安いランチの時間帯はとても混むようだ。牛角は諦めて、近くにあったNYハンバーガーのシャックマイスターへ。その後でユニクロなどのショップを少し巡った。

 

4.ウィリスタワー

食事もしたので、観光の続きを。ウィリスタワーは、地下鉄の駅からとても近い。地下鉄と書いているけど、実際は地下を走っていない。JRみたいに歩道の上を走っている。ここは、透明の床が有名な超高層ビル。またシカゴの大都会の街を上から眺めることが出来るので非常に綺麗。下の写真をご覧あれ。夕方から言ったので、昼間の風景と夜景の両方を見ることが出来た。

f:id:Takarabe-san:20161128061107j:plain

この日は日も暮れたのでここで終わり。夕食も近くのchipotleでテイクアウト。本当に今回の旅行は食事にチカラを入れてなさすぎ。せっかくのシカゴなのに。でも、これは楽でいいかも。ビジネスで来たら、ダウンタウンにホテルを取っていいとこに行きたいと思う。酒を飲んで帰りが遅くなることに対する恐怖があるので、今回はこれでいいや。

 

Day4

毎日のように早く起きてダウンタウンに繰り出している。この日は、シカゴのパレードの日。いつもより更に早くホテルを出発。朝8-9時までパレートをやっている。いろいろな山車が出るのでそれを道に並んでみるのだ。場所としては、State通り。僕はLibrary駅で地下鉄を降りてすぐの道で見た。山車が来たのは8時40分くらい。それまでひたすら寒い中を待っていた。一番の問題はトイレだった。寒いのでダンキンドーナツでコーヒーを頼んで飲んだのだが、それが原因でトイレに行きたくなった。山車は来ないし、トイレに行きたいしで辛かった。

f:id:Takarabe-san:20161128063028j:plain

このパレードは、マクドナルドプレゼンツ。なぜなら、シカゴはマクドナルド発祥の地。このパレードの中では、高校のブラスバンドや企業、ミスシカゴ/イリノイ、また各移民(中国やメキシコなど)のコミュニティが山車を出すなどして通りを歩いていた。移民として現地に馴染む為にいろいろなイベントに参加しているのかな。

 

5.フィールド博物館

ついに最後の博物館。ここでは、恐竜の骨の模型やアメリカ先住民の暮らし、エジプト展が行われていた。日本でも恐竜の展示を見たことがあったが、ここの恐竜の数はとても多い。恐竜以外にも動物の剥製があったりする。ここもかなり展示のレベルが高い。ピラミッドの棺も数多く展示されているし、アメリカ先住民の文明についても細かく説明と共に展示されていた。また、3D映画でエジプトのピラミッドの発掘のようなものを見た。

f:id:Takarabe-san:20161128064053j:plain

 

これで博物館めぐりは終了。この後はホテルに戻って、ショッピングマートミツワに立ち寄って帰宅した。帰宅と言っても10時間ドライブなので途中で更に1泊したけど。

 

アメリカの博物館は、大人でも楽しめるような工夫がとてもされているし、おそらく金をしっかりとかけている。その為、入場料も高額だ。しかし、それを払っても損をしたと感じない。博物館で働く人も楽しそうだと思う。金があるので、いろいろと新しい試みが出来るし、チャレンジが出来る。日本だとそれは難しいだろう。美ら海水族館と旭川動物園くらいかな。でも、アメリカの動物園や水族館の方が設備も最新だし綺麗な感じがする。

 

シカゴの治安だが、気を付けてさえいれば問題ないと思った。事前の調べでは、結構危ないみたいなことが書かれていたので気を付けていた。僕は夜は出歩かなかったので分からないけど、昼間であれば問題ないと思う。ただ、連日のように事件は起きていたし(朝テレビを見ていた)、警察も多く出動していたので、不用心だと危ないかもしれない。

 

以上、おしまい。