”らくだキャンプ”へようこそ

深夜にふと語りたくなったことを書いていくブログ

とても真剣に結婚相手の選び方について考えてみた

結婚相手の選び方

 

この内容でグーグル先生に聞いてみた

 

「絶対に後悔しない」結婚相手の選び方

 

みたいなものを筆頭に、61200件が検索結果として上がってきた

 

絶対なんか、この世にないだろ

 

お前、絶対って簡単に使うなよ、責任とれんのか?え?

 

と、思いつつも、そのページを見てみた

 

なんというか、自己肯定的な記事が多い

 

おそらく自分が結婚した相手をベースに条件を書いているのだろう

 

そのせいで、妥協したような書き方になっている気がした

 

長々と書いたが、弟に聞かれたので、自分なりの意見をまとめてみる

 

自己肯定的なことは書かなくてすむうちに

f:id:Takarabe-san:20160607114244j:plain

1.足きり点(Must to have)

大学受験でもあるように、結婚相手にも足きりはある

 

これだけはクリアしてほしいという項目

 

僕は、神でも仏でもなく、ノーマルスペックの人間

 

だから、高望みはしないし、無理なものは無理

 

では、僕にとっての足きりとは

 

①バックグラウンドがしっかりしていること

家庭状況に問題がないこと

(親が停職についている、親族に借金をしている人や犯罪者がいない)

大学を卒業していること(自分の出身大学±偏差値5くらい)

 

②金を稼ぐ力があること

正社員でフルタイムの仕事をしている

(お金を稼ぐことの大変さと大切さを理解している)

 

➂自己管理が出来ている

著しく問題になりそうな持病がないこと(鬱病、拒食症、不眠症など)

健康であること(食事、睡眠、運動を管理出来ている)

部屋が片付いている

借金がない

 

2.歓迎条件(Good to have)

①自分の一番の親友、応援者に成り得る

自分を心底愛しているくれていること

(状況が悪化しても裏切らない、損得無しで付合ってくれる)

可愛げがあること

秘密を共有出来る

 

②価値観が似ていること

金をかけるところの価値観が似ていること

趣味があうこと

善悪の判断基準が似ていること

 

➂判断力があること

自分がいなくても、大きく間違った判断をしない

(自分の不在時に任せられる)

 

3.まとめ

こうやって眺めてみると、僕は金に関わることが多い気がする

 

結婚していない人には、自分なりの条件を考えることをお勧めする

 

自分の性向がよくわかる

 

僕がやってみた結論としては、

 

僕は結婚できないかもしれない