”らくだキャンプ”へようこそ

深夜にふと誰かに語りたくなったことを書いていくブログ

違いの分かる人がハッとする?!ドライブ中に聞くお洒落な洋楽ロックを10曲ほど紹介するよ

ボクは少しひねくれていたのかもしれない。

邦楽を嫌いな時期があった。なんか洋楽を聞いているとカッコイイ気がしていた。

f:id:Takarabe-san:20170727201858j:plain

日本では、ラップとはレゲエが流行っていた時に、一人で洋楽ロックを聞いていた。

 

みんながカラオケで流行りの邦楽を女の子の前で披露する時、ボクは部屋の隅で貝のように固まって、時計とにらめっこをしていた。まぁ、行かなきゃいいんだけどね。

 

自分にマイクが回ってくるのが怖い。だって、今の歌を知らないし、レパートリーも全然ない。高い音も出せない(←これは関係ない)。。。

 

でも、洋楽なら分かる、今でも聞いているし。そこで、一矢報いるべく、ボクのおすすめ10曲を紹介するよ。洋楽好きの人には知っている曲ばっかりになってるかも、その時はごめん。

 

1. Semi Charmed Life ( Third eye blind )


Third eye Blind - Semi Charmed Life

 

2. Dani California ( Red Hot Chili Peppers )


Red Hot Chili Peppers - Dani California (Live in Hamburg)

 

3. Little Talks ( Of Monsters and Men )


Of Monsters And Men - Little Talks (Official Lyric Video)

 

4. Loser ( Beck )


Beck - Loser (Live)

 

5. Numb ( Linkin Park )


Numb (Official Video) - Linkin Park

 

6. Jumper ( Third eyes blind )


Third Eye Blind - Jumper (Acoustic)

 

7. How to save a life ( The Fray )


The Fray - How to Save a Life

 

8. Sweet Disaster ( Dreamers )


DREAMERS - Sweet Disaster (Official Lyric Video)

 

9. Aint No Rest For The Wicked ( Cage the Elephant )


Cage The Elephant "Ain't No Rest For The Wicked" Guitar Center Sessions on DIRECTV

 

10. Hoppipolla ( Sigur Ros )


Sigur Rós - Hoppípolla

本当に大切な友達って、意識して大事にしないといけないのに、口うるさかったり、煩わしい人を優先してしまうことってないですか?

「俺って、友達多いねん」

f:id:Takarabe-san:20170727192743j:plain

こんなことを自慢する人って周りにいませんか?

ボクの周りにもこんな人がいます。良く写真を見せてくれます。頼んでもいねぇのに。

 

もう大人なので、直接的には言ってこないけど、間接的に、自分には友達が多いということをアピールしてきます。写真見せたりして。

 

こんな人をボクの中がは、「キツネくん」と名付けています。

※トラの威を借るキツネ

 

ふと思いついたので、自分の中で友達をどのように分類しているか、改めて整理してみました。

 

本当に大切な友達って、意識して大事にしないといけないのに、口うるさかったり、煩わしい人を優先してしまうことってないですか?

人間って、子供の時から同じで、「かまってほしいちゃん」ですからねー。

 

簡単に分類してみると?

f:id:Takarabe-san:20170727194922p:plain

 

上の図のようなピラミッドが作られるんじゃないかな?人間の数としては、上にいけばいくほど少なくなっていく。そもそも、そんなにたくさんの人と付き合うこと難しい。

 

1.親友とは

ボクの中での定義は、「自分が辛かった時代に側にいてくれた人」。

 

例えば、自分がイジメられていた時に、イジメの輪に入らずに、また距離をおいたり傍観することもなく、普通に接してくれたりした人。

言い換えると、自分の弱い部分をさらけ出して相談を出来る人。

 

そんな人は、ボクの中では大切にしているし、彼や彼女たちに何かあったら、金を払ってでも助けにいくと思う。損得無しで、また、ATフィールドを張らずに(誰も傷つきたくないもん)付き合える人。

 

ボクの中では、5人弱かな。それぞれの時代に少しだけ。家族になるなら、こういう人だと思う。

 

言い換えると

「金を払ってでも、自分を助けてくれる人」

 

f:id:Takarabe-san:20170727195707j:plain

2.味方とは

ボクの中での定義は、「自分に好意的な関心を寄せてくれる人」。

例えば、部活の仲間とは、大学のゼミの仲間、会社の同期などかな。

同じコミュニティに同時期に所属していたとかで、共通点がある人は、たいてい味方をしてくれる。もちろん、敵対してくる人もたくさんいるけど。

ここのカテゴリーは多いんじゃないかな?

 

でも、親友と違って、みんなATフィールドを結構張ってる。自分を大きく見せようとしたり、弱みを見せなかったり。

 

一緒にバカみたいに笑って飲んだりして、楽しい時間を過ごすのには適しているけど、本当に困った時に助けてくれるかは?です。

でも、お互いに楽しめるので、双方向の矢印は成り立っている。どちらかによる一方的な関係ではない。

 

付合う相手もきっと同じだね。

ボクの中での失敗談として、見た目で選んだ相手って、本当に上手くいかなかった話はまた別で。

 

言い換えると、

「金の切れ目が縁の切れ目的な人」

 

3.その他大勢

ボクの中での定義は、「自分に特に好意的な関心を寄せてこない人たち」。

この中に、最初に書いた「キツネくん」も含まれる。

 

ボクから何かを搾取しようとしてくる人や、利用としてくる人、はたまた無関心の人などさまざま。

 

この人たちには、ATフィールド全開でいかないと。

 

ボクは強くないので、実際には距離を取るようにしている。特に社会人になってからは。

 

合コンでモテたいから、自分よりかわいくないと友達を連れてくるやつ

自分の自慢話を聞かせて、自己満足を高めようとするやつ

自分がヒマだから、ヒマ潰しに突き合わせるやつ

 

ボクの失敗としては、意識してないと、こういう人って意外と魅力的に映ったりする。

そして、彼、彼女の戦略にハマってしまう。そんな失敗がかなりあった。

 

敵対する必要はないけど、ATフィールド全開で距離を取るようにしている、今はね。

 

まとめ

失敗を繰り返した結果、自分が困った時に助けてくれた親友を大切にすることにした。

人を金よりも上に置く人、損得勘定無しで付合える人。

自分の人生の中で、そんな人を大切にして、自分を守っていく。

 

Panera Bread パメラブレッド アメリカの有機野菜を使ったパン屋さんの紹介

f:id:Takarabe-san:20170716183957j:plain

https://www.panerabread.com/en-us/home.html

 

アメリカ人はサンドイッチやコーヒーが大好きなので、この手のお店がたくさんある。

今回は、パメラブレッドというお店をご紹介。

下の写真は、ナッシュビルという街にあるお店。屋内と屋外のスペースがあり、ドライブスルーも用意されている。

f:id:Takarabe-san:20170716184446j:plain

 僕がこの日に頼んだのは、「You Pick Two」。これはようするに、2つ選んで○○ドルってこと。

個人的に、よく頼むパターンとしては、サラダ(Green Goddess Cobb Salad with Chicken )+スープ(Cream of Chicken & Wild Rice Soup)。

料金は、10ドルくらい。この日は、コーヒーをオーダーしなかったけど、いつもはコーヒーも頼む(2ドル)。

f:id:Takarabe-san:20170718225729j:plain

 最初にも書いたけど、この店の売りは有機野菜。アメリカといえばジャンクフードのイメージがあるけど、健康的な食事も多くあるよ。

日本はきっとダメになる、そんなことを人気就職企業ランキングを見ながら思った

f:id:Takarabe-san:20170713204658j:plain

下のランキングは、世界の技術系大学生からみた人気企業ランキングである。

なだたる企業がズラリと並んでいる。

 

http://universumglobal.com/

 

上位の企業は今を時めくIT企業や一部の製造業が名を連ねている。GoogleやAppleなど、誰でも知っているような世界的な企業たち。残念ながら、日本の企業はSonyだけ。韓国はSamsungが入っている。Sonyのブランド力というのは、未だに強いみたい。BMWが載っていて、Toyotaが載っていないのは少し違和感を感じる。人気がないってことは、良い人材を集められないのかな?

 

次に、日本の人気企業ランキングをみてみる。同じように、技術系のランキング。

 

GoogleとApple、Microsoftが日本でも人気。また、世界ランキングでは載っていなかった企業が上位をしめいてる。Toyotaやサントリー、味の素、ANAなど。日本人なら日本企業でしょ!みたいな歴史ある大企業が人気のようだ。

 

次にアメリカと中国を見てみる。

 

  • <アメリカの大学生を対象とした人気企業ランキング>
  • Participants:81,102 students
  • Universities:359
  • <中国の大学生を対象とした人気企業ランキング>
  • Participants:79,346 students
  • Universities:110

この二つの国のランキングをみてハッとした。

 

アメリカでは、ランキングの中にベンチャー企業(スペースXやテスラ)が入っている。また産業としては、ITもそうだが、NASAやボーイングなどの航空宇宙産業に優秀な人が流れている。これからのアメリカは、これらの産業が強くなりそうだ。

 

中国をみてみると、中国のベンチャー的なIT関係企業が上位入っている。斜めから見ると愛国心の強さが感じられるランキング。

しかし、長い目で見ると、優秀な人材が流れることで、中国のIT産業は強くなりそう。

 

このランキングが全ての学生の流れを表しているとは思わないけど、ちょっとしたトレンドは見れる。アメリカや中国では、自国のベンチャー企業が入っているのに対して日本は入っていない。楽天やUNIQLO、LINE、DNAなんかは入っていてもいいんじゃないかな、と思う。これから伸びていく企業って、こういう会社だと思う。

国としても、どの産業に力を入れていくかってのもあるだろうけど。ロボットとか、宇宙開発とか、ITとか。理想論だけど、国の政策と、人気企業ランキングがマッチするといいね。

www.kantei.go.jp

 

残念ながら、日本では、ベンチャー=危険みたいはイメージがある。未だに終身雇用のイメージが強い。親世代がそうだったから、親に相談するとそうなるよね。

また、昔よりは活発になったとはいえ、転職してのキャリアアップが容易ではない事実もある。転職で入ってきた人よりも、同じ会社でずっと頑張ってきた人の方が出世しやすいみたいなやつ。

 

 まぁ、外国は外国、日本は日本。今日のご飯をしっかりと食べれて、友達と楽しく過ごせればそれで満足出来るんだけど、たまに難しいことを考えてみたくなったので、文字にしてみました。

【東京都議会選挙】「安倍はやめろ」コールのニュースを海外からみて思うこと

今更ではあるが、東京都議会選の首相街頭演説ニュースをネットで見た。正直、ニュースの見出しをみて驚いた。

www.sankei.com

更に、ネットで検索を続けていくと、安倍さんの演説の時に「安倍はやめろ」「帰れ」コールなるものが流れたらしい。そして、メディアはそれを国民の声であるかのように報道しているようにみえた。


安倍晋三首相、野次に猛反論!都議選最終日・秋葉原が応援演説するも都民から「辞めろ!帰れ!」コールの罵詈雑言!籠池夫妻も登場する事態に!!

 

 

報道は嘘を作れるので、数字でみてみたい。

下記の朝日の記事(2017年5月29日)によると、安倍政権に対する支持率は高い。特に若者世代から支持されている。他の歴代政権が右肩上がり(年配者からの支持)に対して、安倍政権は右肩下がり(若者からの支持)が特徴的。

 

f:id:Takarabe-san:20170712164048j:plain

www.asahi.com

 

この数字が意味していることは何か?

世代別でテレビを見ている時間と逆相関が見て取れる。つまり、テレビを見ていない人ほど安倍政権を支持していて、テレビを見ている人ほど支持していない。また、情報収集の手段を若者の方が多数持っているのに対して、年配者はテレビや新聞がメインとなっている。そして、その結果が年代別の支持率に繋がっている。

↑ テレビの視聴時間変移(全体、調査年別、男性、平日)(時間:分)

www.garbagenews.net

繰り返しになるが、安倍さんの支持率は高い。「安倍はやめろ」コールをしているのは国民の声ではない。数字が語っている。

 

また、安倍さんの「こんな人たちに負けるわけにはいかない」という発言をメディアでは取り上げて批判している。

 

ロザンの宇治原さんも言っていたが、都合のいい部分だけを切り取って報道している。このコメントは、デモのコールによって、安倍さんの街頭演説が「聞こえないようにされたこと」に対して発言している。安倍さんに対する反対意見に対してではない。

news.livedoor.com

 

自分で情報を調べることの大切さを感じる。

報道機関は、中立ではない。それに流されない為にも距離をおいた方がよいと、海外からニュースをみていて思う。

 

報道ニュースもいいが、個人的には首相官邸HPを見るのが好きだ。下記リンクには、、2017年の日本の成長戦略が書かれている。官邸が考える成長戦略「Society 5.0」に対して、賛成か反対かを考える必要がある。メディアが好き勝手に情報を切り貼りしたニュースではなく、生の情報がある。

www.kantei.go.jp

 

ここに書かれている成長戦略は、腹落ちするものが多い。

「人口が減っても、成長出来る」社会の実現に向けて、何をするべきかを、一人ひとりが考えて行動すべきだ。

経済大国ニッポンは過去の言葉になりつつある中で、将来の日本の為、自分の子孫の為に、何が出来るのかを考えていくこと、安倍さんを批判してデモ行進に加わるよりもやることがある。 

後世への最大遺物・デンマルク国の話 (岩波文庫)

後世への最大遺物・デンマルク国の話 (岩波文庫)