”らくだキャンプ”へようこそ

深夜にふと誰かに語りたくなったことを書いていくブログ

30代になったので、自転車通勤をはじめてみた。メンズのおすすめグッズを紹介。

突然ですが、ボクが大好きなマンガで「宇宙兄弟」があります。アニメ化もされた超有名なマンガなので、ご存知の方も多いと思います。

 

30歳になって、健康が気になってきたこともあり、自転車通勤を1月から始めました。

 

そのことについて、記事にしたいと思います。

 

なんで自転車通勤を始めた?

一番の動機は、「宇宙兄弟」の南場日々人に憧れていて、彼が自転車通勤をしているから。ちなみに、南場日々人というのは下のコミックの表紙絵の人。

宇宙兄弟(31) (モーニング KC)

宇宙兄弟(31) (モーニング KC)

 

彼みたいな人間になりたいって思ったので、まずは真似出来ることから始めようと思って。アメリカにいた時は、チャリで通える距離ではなかったので、日本に戻ってきてから始めました。

ボクがこのキャラクターを好きになった名言。

もし諦め切れるんなら、そんなもん夢じゃねえ

このセリフはカッコイイけど、これが本当ならボクには夢なんてねぇってことになる???

 

どんな装備で自転車に乗ってる?

見た目から入る系のボクとしては、服装を敬愛する日々人さんに合わせている。

その1.ジャケット (Arc' Teryx)

日々人はアークのジャケットを着ている。少し高めだったけど、背伸びをして購入。

使ってみて、かなりいい。臭くならないし、風を通さないので暖かい。

その2.イヤホン(Power Beats

これは日々人は使ってないけど、個人的に使用している。音がいいのとデザインが気に入っている。 防水だしね。

その3.腕時計(Garmin Forerunner 235)

 スマートフォンと連携させることが出来るスマートウォッチ。ランニングにもバイクにも使用出来る。GPS機能付きだし、防水。

 さて、自転車は?

 ボクのお気に入りは、ルイガノ。

 自転車は実際に乗ってみてから購入するのがいいと思う。パンクの時の修理のし易さとか、ペダルをこいだときのフィーリング、椅子の硬さなど。

「教師になりたい」と言って会社を辞めた後輩が教師になっていなかった話

ボクがまだアメリカに駐在していた時、1通のメールが届いた。

 

「会社を辞めることにしました。理由は教師になりたいから。」

 

メールは終始ポジティブな感じだったので、そのメールだけを読んで、やりたいことが見つかったんだなぁと思っていた。

 

正直、羨ましくも思った。今の会社を捨てて、やりたいことが見つかるってことが。

 

日本に帰ってから、その後輩と会うことになった。

 

とりあえず、会社から離れた居酒屋で飲みながら話をすることになった。

 

後輩は何をしているのか?

ボク:いろいろあると思うけど、やりたいことが見つかって良かったね。

 

後輩:本気で言ってます?

 

ボク:どういうこと?

 

後輩:本気で教師になりたくて会社を辞めたって思っているんですか?

 

ボク:???違うの?

 

後輩:ははは。違いますよ。会社に限界を感じたから辞めたんです。つまらないから辞めるって言うと、周りの人に悪い影響を与えるので遠慮しました。

 

ボク:マジか!気付かなかった。

 

後輩:らくださんは、アメリカにいましたので。当時は相当やばかったですよ。職場環境が。こんな場所にいたら、ダラダラと時間だけが過ぎていって、何のスキルも身につかないと思いました。

 

ボク:それで今は何をしているの?

 

後輩:普通に転職しました。今は外資で働いています。

 

ボク:そうだったのかぁ。

 

後輩くんは、仕事がかなり出来る奴で有名だった。大学時代も運動部のキャプテンをやっていたし、一流大学出身で頭も相当キレる。そんな彼に取って、会社での生活は相当つまらなかったんだろう。

結局、彼は6年くらい在籍した会社を辞めて、外資に行った。今の会社を見限ったという感じだ。

 

後輩は何が一番イヤだったのか?

ボク:会社を辞めた理由だけど、何が一番の理由だったの?

 

後輩:上司のレベルの低さですね。何をやりたいのか分からない。それに付き合わされるのに嫌気がさしたんです。

 

ボク:上司なんて数年で変わるから、我慢すればよかったんじゃない?

 

後輩:当時の上司個人に問題があるわけではなくて、会社の組織自体に問題があるように思いました。それぞれの上司は優秀なんですが、企業風土というか文化が彼等をバカにしているって感じです。誰が上司になっても変わらないですよ。

 

ボク:そうかもね。

 

後輩:問題の本質には切り込まないで、忖度を大切にして行動をせざるを得ないです。

 

ボク:そう言われてみれば、ボクも帰国してよく感じる。

 

後輩:先輩こそ、会社に満足をしているんですか?

 

ボク:。。。満足はしてないけど、他にどうすればいいか良く分かんないし。

 

後輩:今の会社に染まるなら、徹底的に染まった方がいいですよ。そうしないと外様認定をされて冷や飯を食わされることになります。

 

最後の後輩の一言が効いた。正確に言うと、帰りの電車の中で反芻した。染まるなら、染まった方がいい。上には絶対に逆らわないこと、飲み会やゴルフには積極的に参加すること、上司の自尊心を満たす為にお世辞を言うこと、上が喜ぶ資料やストーリーを用意すること。自分の自尊心を殺して、そういうことを優先する覚悟が必要なんだろう。

 

後輩をどう思うか?

ボクの会社では、後輩のことを「教師になりたくて会社を辞めた」と信じている。でも、それは事実ではなかった。彼なりに気を遣って、会社を去った。彼の言い分はとても良く分かる。特に彼が出来る奴だったので、衝撃は大きい。

 

自分の人生の転機が来ているのかもしれない。どこの会社に行っても、日本企業であれば、同じような感じだろう。

 

彼のように外資に行くのか、それとも日本企業にどっぷり浸かるのか?

 

彼の選択肢は外資に行って、自分がどこまで通用するのか試したいというものだった。ボクはどうしたいんだろう?モラトリアムはとっくに終わっているはずなのに、悩める30代がここにいる。

【無課金でFEH】ファイアーエンブレムヒーローズが予想外に楽しいけど、青キャラがいなくて死にそう。

ファイアーエンブレムヒーローズというアプリゲームをご存知ですか?

アナザーエデンばっかりやっていたんだけど、さすがに飽きてきたので、新しいゲームを始めることに。

f:id:Takarabe-san:20180214053717p:plain

ファイアーエンブレムヒーローズとは?

ニンテンドーがファミコン時代から出し続けている人気シリーズ。

ボードゲーム方式で、マップ上でコマを進めていって、敵を倒していく。三国志やファイナルファンタジータクティクスみたいなボードゲーム。

スーファミ時代は、一度死んだ味方は二度と蘇らなかったので、何度もスーファミをリセットしたなぁ。

また、特定の人間で敵キャラに話かけると、仲間になるみたいな要素があったので、かなり面白かった。

 

アプリ版は?

無料で始めれる。課金してガチャをしてもいい感じだけど、無料でもかなりガチャ出来るし、リセマラもやりやすい。

昔に比べてキャラゲーの要素が強くなっている。難しい要素がなくなってシンプルにガチャでキャラを集める→敵を倒す、というシンプルなシステムに。

ただし、キャラによって属性(赤→緑→青→赤)があって、キャラの強さx属性で戦闘結果が変わってくる。単純に強いキャラが勝てるわけではない。

また、スキル持ちにも気を付けないといけない。戦闘後に場所を変えてきたりするキャラがいたりとやり込み要素は多い。

 

手持ちキャラ状況

現状の★5の舞台は以下の16人

アイク(剣)・(斧)

f:id:Takarabe-san:20180214055614p:plain

フィヨルム(槍)

リン(弓)x2体・(魔)

f:id:Takarabe-san:20180214055336p:plain

ジェニー(杖)

エイリーク(剣)

f:id:Takarabe-san:20180214055433p:plain

マリカ(剣)

クロム(剣)

サーリャ(魔法)

レイヴァン(斧)

シーマ(斧)

ミネルバ(斧)

アクア(斧)

カムイ(弓)

 

赤と緑属性ばっかり。青属性は配布キャラのフィヨルムしかいない。これが問題。なので、★4であっても、青のキャラを育てて、★5に進化させないとダメ。

 

そうしないと強敵には勝てそうもない。。。

 

ということで、今は青キャラを育てています。

ノノというドラゴンに返信出来る女の子。彼女に期待しているんだけど、育てにくい。。。

 

また、定期的にイベント情報と合わせつつ情報をアップデートします。

 

【ビジネス英語】日常会話で使える便利な表現~オフィスで嫌われる人編~

NHKのラジオ英会話を始めている。

毎月400円くらいのテキストとネットラジオって最高だね!

 

今日はその中で学習をした便利なフレーズを紹介します。

f:id:Takarabe-san:20180214052601p:plain

 

①Point Finger: 指を刺して非難する

例文:Don't point finger each other. 責任の押し付け合いはよせ!

 

②Irresponsible: 無責任な

例文:That is irresponsible anser. それは無責任な答えだよ

 

➂Whinning complain: (めそめそ)不満をもらす

例文:Stop whining complain. めそめそ不満をもらすのはよしてくれ

 

④Give me a break: そろそろ勘弁してくれ

例文:Give me a break, I need to go. もう勘弁してくれ、行かないと。

 

➄Buttonhole: 人を引き留めて長話をする

例文: Be carful for buttonhole people. 無駄話をする人たちに気を付けろ

 

⑥Short and sweet: 簡潔に

例文: Please explain short and sweet. 簡潔に説明してくれ

 

➆quick and dirty: 手短に、サッとやる

例文: We don't have time, so please process quick and dirty. 時間ないのでサッとすませてくれ

 

⑧know-it-all: 知ったかぶりをする

例文: Don't be know-it-all.  知ったかぶりはよしてくれ

 

➈Grumpy old guy: 気難しい年寄り

例文: He is grumpy old guy.  彼は気難しい年寄りなんだよ

 

以上です。その手の表現はなるべく使用してみることをお勧めします。日常で英語を使う機会がない人はオンライン英会話などで機会を作って、アウトプットすれば頭の中に定着するよ。

www.rakuda-camp.com

 

あなたの1番は何ですか?有森裕子さんの講演会の3つのポイント

先日、有森裕子さんの講演を聞きにいく機会があったので、その中でも特に印象に残ったものをシェアするよ。

 

ちなみに、ボクは人の話を聞きにいくのが好きなので、ちょこちょこ行っている。それと、2~3回/週くらいは走っているので、ちょっと興味があった。

 

1.走ること=自分が自信を持てること=生きること

走ることが趣味とか好きのレベルではなく、生きる上で必要なことになっている。人が生きていくには、自分に対する自信が必要で、それが有森さんにとっては走ることだった。

別に好きで好きで仕方がないわけではないらしい。

 

好きとか、嫌いとか、そんなレベルではない

 

そんな風に言われていた。

自分に置き換えると、今の仕事がまさにそれなんだと思う。生きる為に、今の仕事で自信をしっかりと築いていくこと。誰にも負けない何か、それが必要なんだと思う。

 

2.私は練習で毎日40Km走っていた

これには驚いた。有森さんにとって、走ることは、生きること。なので、練習をすることは当然であり、それをやらない理由はなかったらしい。

また、

 

全ては、オリンピックの当日1日の為にあって、それ以外の日はどうでもよい。

 

結果を出すのは、その一日。その割り切りが良かったと本人は言っていた。

 

3.辛くても、やりたくないと思ったことはない

練習自体は、楽しいものではないので、辛いと思うこともあるらしい。でもやりたくないと思ったことはなかった。

辛いと思うことはいい、でもやりたくないと思ったら、その練習に意味がないので、やめてしまえ!そう監督に言われていたらしい。

やりたくないという気持ちでいくらやっても、意味がない。

 

4.まとめとして

自分ごとに置き換えてみるとよく分かる。

誰しもが生きる為の自信は必要だ。それがあるから、健全に自尊心を維持出来る。それがないと不安で不安で仕方ないので、他人を批判して、落とそうとしてしまう。

 

自分にとっての生きる為の自信を磨き上げること

目標を設定して、それだけを見て走ること(他の事は見ない)

積極的に物事に取り組むこと

 

www.rakuda-camp.com