”らくだキャンプ”へようこそ

深夜にふと誰かに語りたくなったことを書いていくブログ

マッキンゼー式リーダーシップ。日本の大企業ではリーダーシップは育たないのはなぜか?

採用基準

採用基準

 

 マッキンゼーの採用担当者による本で「どのような候補者を採用するのか」というもの。

 

マッキンゼーとは、世界最高峰のコンサルタント会社で、本当に選ばれたエリートしか入社出来ないことでも有名。

 

この本の大部分はリーダーシップについて書かれていて、とても分かり易くまとめられている。

 

マッキンゼーの採用基準

1.リーダーシップ(後述するがこれがポイント!)

2.地頭がいい

3.英語が出来る 

まぁ、天下のマッキンゼーなので、これくらいのスペックを持った学生がたくさん集まってくるんでしょう。

一方で、普通の中堅会社だと、これだけのスペックの人間はなかなか集まってこない。こんな人が来たら、一発採用だぜ!

 

リーダーシップの能力とは?

1.目標を掲げる

分かり易く、魅力的な言葉で作られた目標が掲げられること。目標は数値化出来ないといけない。評価出来ないから。

2.リスクや責任を引き受ける

成果に拘ること。頑張ったからいいよね、ではダメ。成果を出すことに注力して、それに対してリーダーが責任を持つ。達成出来なかったリーダーの責任。

3.決める

みんなの意見を尊重して決めるのではなくて、自分でポジションを取ること。自分の意見をロジックと共に言えること。落としどころ探しではない。

4.伝える

メンバーに理解をさせて、行動をさせること。文句を言うような奴にはガツンと雷を落としてやらせるか、チームから外す。

 

注意点として、マネージャー(課長)はリーダーとは異なる。マネージャーは、ただの労務管理者。部活の部長も多くの場合がマネージャーだよね。リーダーではなくて、庶務的な仕事をやっている。

リーダーは結果に対して責任を取らないといけない。それに対して、誰よりも真剣に率先垂範、言行一致じゃないといけない。

一方でマネージャーは、結果ではなく、みんなが気持ちがいい落としどころを探す調整役になる。

 

つまり、リーダーとは結果を出す為に必要なことをやる人のこと。

 

まとめ

批判のしようがない。おっしゃるとおりでございます。

 

しかし、実際の日本企業では、この本のロジック通りにいかない。

 

皆さまが気持ち良くなるように、落としどころを必死に探して、根回しに根回しを重ねる。

 

最後には、骨抜きのプロジェクトになることもあるし、誰が責任を取るのかもよく分からず、うやむやになることも多い。

 

企業の不祥事でも、誰が責任を取るのかが不明瞭な場合が多い。

 

結局、誰も責任を取らないし、「なぁなぁ」で済ませる日本文化。年功序列、上位下達、終身雇用、減点主義の為に、部下は上の言うことを聞いていた方が有利。

 

この国に長年染みついている文化を考えると、リーダーシップなど取らない方が合理的。これだと世界では通用しないし、誰もついてこない。

 

マッキンゼーの言うことはそのとおり、でも日本の大企業では、リーダーシップは育ちにくいし、もともとリーダーシップがある人でも、どんどん失っていく。

 

世界最高峰のフォロワーの国、ニッポン!

私立高校の授業料補助に税金は使うべきなの?

公明党が年収590万円以下の世帯に対して、私立高校の授業料に対する補助金を出すべきと主張している。

 

正直、理解に苦しむ。

 

ボクの育った環境では、私立高校に行くのは金持ちで賢い子供だけだった。多数は公立高校に行った。賢い子もバカな子も、それぞれの学力にあった公立高校に行った。工業高校とかもあったけど。

 

金がない人が私立に行く理由がよく分からない。

 

唯一考えられるのは、公立高校に入れなかった場合だろう。

 

それが原因ならば、公立高校の受験の仕組みを変えることが必要なのではないかと思う。

 

例えば、多くの都道府県では、公立高校は一校しか受験出来ない。私立高校も一校だけ。公立をチャレンジした場合に私立に行かざるを得ない。

 

これを変えて、公立を複数校、受験できるようにすればいい。本当に税金を投入するだけのやる気と能力のある人は救われると思う。愛知県は公立を二校受けれるように。

 

本当に日本の事を考えるなら、海外の優秀だが、お金のない子供に投資した方が真に日本の将来のためになる。教育費を補助する代わりに日本で10年働いてもらうみたいなやつ。

 

https://r.nikkei.com/article/DGXMZO2384214023112017NN1000

ブラックフライデーのセールで購入をしたパタゴニアやアークの商品たち

アメリカにいることの1つの良さは、アウトドアブランドが日本で購入するよりも安いこと。

 

アウトドア商品は、街でも着るし、海外旅行や、山登りなど、場面を選ばずに使い倒すことが可能。

 

特に、パタゴニアやアークの商品は日本だと高いけど、こちらだと安くで買える。購入する前に、日本の価格と比較しているけど、結構違う。

 

サイズとしては、171CM・68KGでアメリカサイズのSでぴったし。

 

2017年度の購入実績

1.パタゴニア ナノパフジャケット 

 これ一枚あれば、寒い日の車の中もOK。また、春・秋の着るものに困るときもとりあえずこれを着る。かさばらないので、重ね着もOK。

 

セール価格$138で購入。

2.アークベータSLハイブリッドジャケットBETA-SL

 アークの神ジャケット。場面を選ばずにいつでも、どこでも着ることが可能。

しかも、一度購入をしておくて、これからずっと着ることが出来るので、思い切って購入。

セール価格$278で購入。

 3.アーク アーナイト フリース 

 インナーを一枚購入。こういうのって、意外と使いやすいので。

 セール価格$99で購入。

4.キーン ユニーク サンダル

この手のサンダルが個人的に好きなので、なんとなく買っちゃった。ネットショッピング、おそろし。

 セール価格$69で購入。

5.パタゴニア R3

(パタゴニア)patagonia M's R3 Hoody 25772  BLK L

(パタゴニア)patagonia M's R3 Hoody 25772 BLK L

 

 パタゴニアの定番商品。持っていなかったので、追加で購入。

 セール価格$99で購入。

 

よく使うサイト

Amazonとかは使いません、もちろん。ZOZOTOWNも使いません。

www.rei.com

www.backcountry.com

www.patagonia.com

歴史は何のために学ぶもの?高校の用語半減案は意味が分からない。

www.nikkei.com

もしかすると、これからの高校生はたくさんの歴史用語を覚えてなくても、よくなるのかもしれない。

高校の日本史、世界史で学ぶ用語を現在の半分弱の1600語程度に減らすべきだとする提言案を高校、大学の教員団体がまとめた。暗記項目を絞り、社会の成り立ちを流れで学ぶ歴史教育を重視する。歴史上の人物では坂本龍馬や上杉謙信らも削減対象とされている

ただ、気になるのは、高校で教える内容が減るとして、受験の内容も同様に減るのか?

 

私立や一部の国立大学では、受験で歴史がある。特に筆記試験は難関だ。受験生同士で差をつける為に、わざと難しい問題を出している。簡単な問題だと誰でも回答出来てしまって差がつかないからだ。

 

その為、高校の教科書が変わったとしても、大学入試の難易度が下がるとは思えない。今のままだろう。

 

今回の歴史の用語減らしは誰の為の提案なのだろうか?

受験生からすると、受験で出るのであれば、そういった用語が載っている参考書を買って勉強をしないといけない。そして益々、授業を聞かなくなるだろうね。

 

一方で、高校の先生としては、教える内容が減るので、楽になるだろう。でも、本当に歴史が好きな先生にとっては、残念な気持ちになるだろう。ストーリーを語る際に、幕末は坂本龍馬なしでは語れない。

 

歴史という科目はとても面白い。個人的にそう思う。歴史という科目の中で過去の偉人や建築様式、文学や絵画など様々なものを学ぶ。

 

特に海外旅行に行った際に強く感じる。知らないのと聞いたことがあるのとでは大きく異なる。

 

まとめ

ボクは、考え方には賛成だが、高校の用語半減案は反対だ。歴史=暗記がよくないので用語を減らすのは間違っている。

 

社内の成り立ちを理解して、考察出来る人間を作る為には、まずは暗記をしないと。

 

考える力を問う科目である数学にしても、公式の暗記から始まる。問題を暗記して、解き方を暗記している。それが積み重なっていき、応用問題にも対応出来るようになる。

 

例えば、慰安婦問題にしても、なぜこんなことになっているのか?歴史の中で誰が何をしてきたのか?

イスラム教の宗派ごとの対立がなぜ起きるのか?宗教の成り立ちから、なぜ宗派が分かれて、今はどうなっているのか?

アフリカでは民族紛争がなぜなくならないのか?

なぜ日本の借金はこれほど膨れ上がっているのか?

それぞれで覚えてないといけないことがたくさんある。

 

人類の歴史が長くなるにつれて、学ばないといけないことが増えていくのは当然。教科書から用語を減らすことが、これからの日本社会を支える人間を作ることにはならない。

時給1850円の倉庫の仕分け作業!!これはもうやるしかない!

年末の宅配便関連の時給が高騰している、そんな記事を日経で見かけた。

 

トラック運転手は時給2000円(ヤマト)、倉庫での荷の仕分け(アマゾン)が1850円

 

この数字は異常に高い。仕事の需要に対して、人が不足しているのだろう。

 

ショッピングの形式が実店舗からネットに変わってきているのに対して、労働市場がついていけてない。人がネットショッピングに集まっていない。

 

年末という時期も関係はあると思うけど、そのショッピング形式と労働力のギャップが、「人材不足」→「賃金の高騰」という流れに繋がっている。

今度のトレンドについて

労働市場における需給調整でこのギャップが埋まればいいが、埋まらなかった場合は、企業にとって設備投資をするメリットが増える。

 

具体的には、自動運転やロボットによる仕分けに対する設備投資、またの名を、技術による人減らし。

 

 

もしくは、海外からの労働力に市場を開放するという選択肢もある。しかし、日本という特殊な国民性が受け入れられないと思う。

 

その為、やはり設備投資という形でこの手の仕事が将来的にはなくなっていくのだろう。今はその過渡期なんじゃないかな。

 

一方、アメリカでは、この手の単純労働に対する単価は安い。なぜなら、いろいろな国籍の人が労働市場にはいて、安い賃金でも働く人が大勢いるからだ。アメリカの単純労働は、移民に開放されている。

 

企業としての競争力を考えた場合、物流費の高騰は避けたい。物流にいくら金をかけても、付加価値が少ないし、多くの人は金を払わない。当日配送って言っても、プラス1000円の出さないよね?

 

トヨタ生産方式でも物流はムダだしね。

 

これはもうやるしかない

ボクがやっていた年末の年賀状の仕分けのバイトの時給は、その半分以下だったと記憶している。時給があまりにも違ってきているなぁと実感する。

 

クソつまらないバイトで、世間はコタツでぬくぬくしている時に、こっちは無言で紙の仕分け。しかも、隣で仕分けをしている人は、幸が薄い顔をしているおっさんだった。年末までバイトしても、こんな時給なら割に合わないと、親からの仕送りで飲み歩く同級生が羨ましかった。

 

時給2000円ってことは、塾講師とか家庭教師とさほど変わらないのでは?

 

8時間働けば、1万6千円。これって高くない?

 

20日働ければ、32万円

 

てか、今の仕事よりいいんじゃない?8時間/日でよくて、しかも単純作業。

バイトなので、査定を気にする必要もない。ヤバいね。

 

でも、こんな時給インフレは長く続かないだろう。

 

www.nikkei.com